今日は日頃、整体について色々感じることを少し書いてみようと思います。

私の整体の基本的な考え方は、こちらを参照ください。

最近よく目にするのは、“痛くない整体”とか“ボキボキしない整体”とか。

私にはよくわからないのですが、それって売りにするものなのでしょうか。

患者様のからだを良くすることが第一で、患者様もそれを求めてます。

”からだがよくなる整体”が大事なことで、“痛くない“とか”ボキボキしない”はおまけではないのかな。

からだの不調な方が、痛くないならいってみようとかボキボキしないならいってみようとなるのかな。

やっぱり、よくなりたいから整体院に行くのだと思うのです。

屁理屈なのでしょうが、この手の広告を見るたび、違和感をおぼえてしまうのです。

今日は長女、次女がついてきてました。

ここで、当院の整体はどうかというと、、、

私の技術が未熟なだけなのかもしれませんが、痛みに耐えてもらわないと良くできない症状もあるし、骨格矯正(ボキボキ?)が必要な症状もあります。

ただ、一言で“痛み”といっても、”痛めつける“痛みと”効いている“痛みでは全然ちがうものです。

疲れやけがなどで硬直した筋肉を、良い状態にしてあげようとすると”効いている“痛みはあると思います。

ぎっくり腰を良くしようとすれば、ただでさえ痛いのにその箇所にアプローチするわけですから、痛みは伴います。

私の考え方の一つに『施術前の痛みは一生、施術中の痛みは一瞬』というものがあります。

施術後の生まれ変わったような爽快感を感じていただくため、注意深く、心を鬼にして痛いことをしています。

患者様の痛みは把握していますし、最大限の気配りをしています。

必要だからするのであって、必要のない方にはいたしません。

無駄な苦痛は与えませんので、ご安心を。

痛みやボキボキ?を伴わずからだを良い状態にできれば、それに越したことはないのでしょうね。

日々精進、がんばります!